医療用中小型エックス線撮影装置の販売、導入設置、修理、メンテナンスは、株式会社TKプランニングにお任せください。

立位撮影台 SA-RD60

device information

立位撮影台 SA-RD60

FPD搭載に特化したタイプの立位撮影台です。新アルミ支柱採用により軽量化を実現しました。

立位撮影台 SA-RD60

受像部の上下動ストロークは約1.420mmと大きいため、頭部から下肢まで幅広い撮影が可能です。

■ 受像部の上下はレバー式ロックを採用。(グリットは付属していません)

■ オプションで、正面グリップや自立ベースにも対応いたします。

仕様、寸法、導入セット例

標準ベース板仕様の外寸  600×245mm×1,965mm(床固定)
搭載可能なPDFサイズ     14×17 17×17
受像部上下移動範囲           297mm~1,717mm(14×17半切中心 ※上下ストローク1,420mm)
重量                                 約60kg
カセッテボックス前面から壁面までの最短距離  307.5mm

立位撮影台SA-RD60の詳細は、こちらの画像をクリックしPDFをご覧ください。▼

医療用画像診断装置に関するお問合せ

医療用画像診断装置一覧

pagetop