医療用中小型エックス線撮影装置の販売、導入設置、修理、メンテナンスは、株式会社TKプランニングにお任せください。

フローティングテーブル SA-A2

device information

フローティングテーブル SA-A2

天板をフローティングすることにより、被検者に負担なくテーブルごと撮影部位にすばやく移動できます。被検者や医師(技師)のストレスを軽減させることができる製品です。

フローティングテーブル SA-A2

術者の使い勝手を追求。手軽にセットアップし、高精細なエックス線画像を得られる普及タイプです。

天板のフローティング機能と受像部の左右移動で、撮影部位が正確に設定できます。固定グリッド・ブッキーの両タイプをご用意しています。
■ 天板はスモークアクリルが標準仕様となり、被験者の方にやさしい設計です。(透明アクリルも選択可能)
■ 電磁オフロック式を採用。フッとスイッチのペダルを踏むと、テーブルの長手方向と短手方向の固定を同時に解除できます。
 さらに新採用の電磁マグネットにより、操作音の静粛性が向上しました。
■ 固定グリッド(ミクロ)・ブッキー(レシプロ)の両タイプをご用意しています。

仕様、寸法、導入セット例

■ 固定グリッドタイプ・ブッキータイプ共通仕様 外形寸法   2040 × 800 × 600mm
天板材質   スモークアクリル樹脂(厚 10mm) 天板移動範囲 長手方向 ±380mm 短手方向 ±80mm(手動式) 天板固定方向 電磁オフロック式 電源     AC100V 0.1KVA 50/60HZ
重量     120Kg

フローティングテーブルSA-A2の詳細は、こちらの画像をクリックしPDFをご覧ください。▼

医療用画像診断装置に関するお問合せ

医療用画像診断装置一覧

pagetop